なばなの里イルミネーション
なばなの里イルミネーション
Medium_3288_image-09
Medium_3288_image-09
previous arrow
next arrow
大阪府兵庫県京都府奈良県和歌山県滋賀県

関西・あじさいの名所ランキングTOP10【2023年度の開花・見頃情報も】

関西・あじさいの名所ランキングTOP10【2023年度の開花・見頃情報も】

6月上旬~7月中旬に紫や青、ピンク、白色の花を咲かせる紫陽花は、よく見るポピュラーな花の一つで、道路やマンションの植え込みや、都市公園内などの景観でもよく用いられています。

そんな紫陽花ですが、関西には紫陽花の超絶景をみられる名所がかなり多くあります。『いっタビ関西』を編集するHOYが、実際行った・行ってみたい問わず関西にある紫陽花の名所ランキングTOP10をまとめました!
※ここでの関西は、近畿2府4県 + 三重・福井となります

スポンサーリンク

HOYが選ぶ関西・あじさいの名所ランキングTOP10

<第10位>大野アルプスランドのあじさい【兵庫・猪名川町】

大野アルプスランドのあじさい※出典:@oyasan753のインスタグラム

種類・本数約15,000株
開花時期6月下旬~7月中旬
営業時間なし
定休日無休
料金無料
※天文台は料金要
駐車場約50台・無料
アクセスMAP
URL---

キャンプ場やハイキングで人気の大野アルプスランドには、7月上旬に見頃を迎える遅咲きのあじさいが、約15,000株も咲く名所として知られています。

 

<第9位>華観音寺(丹州觀音寺)のあじさい【京都・福知山市】

華観音寺(丹州觀音寺)のあじさい【京都・福知山市】※出典:@yuuichi_nakaoのインスタグラム

種類・本数100種・約10,000株
開花時期6月上旬~7月上旬
営業時間9:00~17:00
※現在は16:00まで
定休日無休
料金無料
駐車場80台・無料
アクセスMAP
URLhttps://www.tanba-ajisaidera.com/

関西花の名所25箇所霊場の第1番札所であり、関西最古の「あじさい寺」で知られる華観音寺には、100種・約10,000株と見ごたえあるあじさいの名所です。また様々な供養ができるお寺としても知られています。

<2023年度>華観音寺のあじさい拝観
【期間】2023年6月3日(土)~7月第1週目(予定)
【拝観料】大人 400円 中高生 300円
→公式サイトで詳細を確認する

 

<第8位>蜻蛉池公園のあじさい園【大阪・岸和田市】

蜻蛉池公園のあじさい園【岸和田市】※出典:@pooh.saeのインスタグラム

種類・本数40種・約10,000株
開花時期6月中旬~7月上旬
営業時間なし
定休日なし
料金なし
駐車場795台・1日最大600円
※第1~3までの総収容台数
※平日は最大300円
アクセスMAP
URLhttps://tonboike-osakap.com/

60haの広大な敷地を有する蜻蛉池公園のあじさい園には、40種・約10,000株のあじさいが咲く南大阪最大級の名所です。大型遊具や芝生広場などがたくさんあるため、週末は子ども連れで非常に賑わいます。

 

<第7位>般若寺のあじさい【奈良市】

般若寺のあじさい【奈良市】※出典:@chiko.lovepinkのインスタグラム

種類・本数39種約1,000株
開花時期6月上旬~6月下旬
営業時間9:00~17:00
定休日無休
料金大人 500円
中高校生 200円
小学生 100円
※花期特別拝観時は別料金
駐車場あり・2時間500円
アクセスMAP
URLhttp://www.hannyaji.com/

コスモスで有名な般若寺には、約300株のあじさいを見ることができます。中でも人気なのがガラスボールに入ったあじさいで、「かわいい」「キレイ」と声があがるSNS映えすると評判のスポットです。

<2023年度>花期特別拝観
【期間】2023年6月1日(土)~6月30日(日)
【料金】大人700円、中高生300円、小学生200円
→公式サイトで詳細を確認する

 

<第6位>三室戸寺のあじさい園【宇治市】

三室戸寺のあじさい園【宇治市】※出典:aroe0326_photoのインスタグラム

種類・本数50種・約20,000株
開花時期6月上旬~7月上旬
営業時間8:30~15:40
※拝観時間は16:30まで
定休日8/13~15、12/29~31
料金・2/18~7/17、11月中
大人 1,000円 小人 500円
・上記以外
大人 500円 小人 300円
駐車場63台・最初の2時間1,000円
※以降1時間毎に500円
アクセスMAP
URLhttps://www.mimurotoji.com/

別名『あじさい寺』の名称として知られる三室戸寺は、50種約10,000株と京都最大級の名所として知られています。ハートのあじさいが咲く場所としても知られ、カップルにも人気です。

<2023年度>あじさい園
【期間】2023年6月1日(木)~7月9日(日)
【時間】8:30~15:40
【入苑料】500円
→公式サイトで詳細を確認する
スポンサーリンク

<第5位>かざはやの里【三重・津市】

かざはやの里【三重・津市】※出典:@yasuc.oのインスタグラム

種類・本数40種・約77,000株
開花時期6月中旬~7月中旬
営業時間8:00~18:30
定休日期間中無休
料金大学生以上 800円
駐車場200台・無料
アクセスMAP
URLhttp://www.kazahayanosato.com/

かざはやの里は、40種・約77,000株のあじさいが咲き乱れる東海最大級の名所として知られます。33,000㎡の広大な敷地をピクニック気分で散策し、疲れたら園内にある無料の足湯で疲れを癒すこともできます。

<2023年度>「かざはやの里」~かっぱのふるさと~2023あじさいまつり
【期間】2023年5月26日(金)~7月17日(月)
→公式サイトで詳細を確認する

 

<第4位>神戸市立森林植物園のあじさい【兵庫・神戸市】

神戸市立森林植物園のあじさい

神戸市立森林植物園のあじさい
神戸市立森林植物園のあじさい
神戸市立森林植物園のあじさい

▲クリックすると拡大します

種類・本数25種350品種・約50,000株
開花時期5月中旬~7月下旬
営業時間9:00~17:00
定休日水曜、年末年始
料金高校生以上 300円
中高校生 150円
駐車場700台・1回500円
※繁忙期は1200台可
アクセスMAP
URLhttps://www.kobe-park.or.jp/shinrin/

兵庫県下最大のあじさいが咲き誇る神戸市立森林植物園には、25種350品種・約5万株と多品種です。そのため早咲きは5月中旬から、遅咲きが7月中旬に見頃を迎え、長く楽しめるのが最大の特徴です。

スポンサーリンク

<第3位>長谷寺のあじさい【奈良・桜井市】

長谷寺のあじさい【桜井市】※出典:@shinya_delta416のインスタグラム

種類・本数約3,000株
開花時期6月上旬~7月上旬
営業時間8:30〜17:00
※10、11、3月は9:00~17:00
※12~2月は9:00~16:30
定休日なし
料金中学生以上 500円
小学生 250円
駐車場36台・1回500円
アクセスMAP
URLhttps://www.hasedera.or.jp/

「花の御寺(みてら)」とも呼ばれる長谷寺は。約3,000株のあじさいが咲き誇ります。階段に鉢植えのあじさいを飾ったあじさい回廊は、SNS映えスポットとして超人気です。

<2023年度>長谷寺 あぢさゐ回廊
【期間】2023年5月27日(土)~7月9日(日)
→公式サイトで詳細を確認する

 

<第2位>矢田寺のあじさい園【奈良・大和郡山市】

矢田寺のあじさい園【大和郡山市】※出典:@ue.kazu08のインスタグラム

種類・本数約60種・10,000株
開花時期6月上旬~7月上旬
営業時間9:30~16:30
定休日無休
料金中学生以上 700円
小学生 300円
駐車場近隣にコインパーキングあり
アクセスMAP
URLhttp://www.yatadera.or.jp/

25,000㎡の広大なあじさい苑に約60種・10,000株のあじさいが咲く、奈良県下最大のあじさいの名所で、「あじさい寺」として知られています。

<2023年度>あじさい園 開園
【期間】2023年5月27日(土)~7月2日(日)
【料金】中学生以上700円、小学生300円
→公式サイトで詳細を確認する
スポンサーリンク

<第1位>舞鶴自然文化園のあじさい園【京都・舞鶴市】

舞鶴自然文化園のあじさい園【舞鶴市】※出典:@maizuru_naviのインスタグラム

種類・本数約100種・約100万株
開花時期6月中旬~7月上旬
営業時間9:30~16:30
定休日無休
料金大人500円 小中学生250円
駐車場約30台・無料
アクセスMAP
URLhttps://www.city.maizuru.kyoto.jp/kurashi/0000008943.html

約2haのあじさい園に約100種・約100万株のあじさいが咲く関西最大級の名所で、まさにあじさいの海と表現できるSNS映えスポットです。

<2023年>舞鶴自然文化園 アジサイ園
【期間】2023年6月15日(木)~7月2日(日)
→公式サイトで詳細を見る
タイトルとURLをコピーしました